English

トップ  / 事業体制  / 福島工場のご案内  1 / 2 / 3 / 4

事業概要

福島工場では、主として以下の3事業を展開しております。
@プリント基板の実装・組立て受託サービス
Aプレソルダー加工受託サービス
B自社開発の装置・製品の製造

工場概要

敷 地 面 積 28,948u(8,772坪)
建 物 面 積 10,386u(3,147坪)
創 業 年 月 1983年(昭和58年)7月
従 業 員 数 193名(2007年8月現在)
SMT実装ライン 46系列(リフロー44系列、ボンド2系列)
プレソルダーライン 3ライン(クリーンルーム内)

サービス・技術・品質への取り組み

谷電機工業株式会社がオンリーワンを目指して日々、実践するサービス・技術・品質方針についてご紹介します。

フレキシブルな生産体制

試作・多品種少量生産から短期大量生産まで、お客様のニーズに100%お応えするための最適な生産体制を構築しています。

競争力の追求

創業以来、常に一歩先を見据えた技術開発に取り組むことによって高品質・低コストを両立し、業界での競争力を維持しています。

最先端実装への取り組み

製品の高密度化に伴う実装部品の小型化(0402チップ)、狭ピッチ化(0.4mmピッチCSP)など、市場ニーズの高度化・多様化に対して素早く対応できる環境及び体制が整っています。最新設備の能力だけに頼るのではなく、独自の生産技術・ノウハウをプラスオンすることによって、真の技術開発が実現できると考えています。

自社内エキスパートによる設備メンテナンス

マウンターの能力を常に最大限に引きだすため、独自のメンテナンス計画及び技術に基づき社内のエキスパートグループがメンテナンス業務を実施しています。

新しい事業ドメインへのチャレンジ

SMT実装・設備開発で培った技術・ノウハウを結集し、プレソルダー受託事業、SiPなどの新しい分野にチャレンジしています。
プレソルダー事業に関しては、自社開発の超ファインピッチ対応のはんだ印刷機を導入し、最小バンプ間ピッチ120μmのハイエンド製品まで実績があります。

品質マネジメント

ISO9001認証取得に基づく品質マネジメントを実践し、受注から生産、出荷まで責任を持ってサービスをご提供します。

ISO9001

《顧客満足の確保》


プリント基板の実装品を、顧客の期待及び要求事項を満足するように製造し、 供給することを基本理念とします。


認証範囲 プリント基板の実装品の製造
           プリント基板へのプレソルダー加工

医療機器 品質マネジメント

医療機器マネジメントシステムの運用による、安全な使用を目指した製品の製造を行い 医療機器分野及び患者様への製品提供をします。
認証範囲 医療機器用モニターの基板実装及び液晶パネル組み立て-

ISO134851

環境マネジメント

ISO14001認証取得に基づく環境方針及び基本方針を実践し、環境と調和した「ものづくり」を追求します。

ISO14001

《基本理念》

谷電機工業は、『地球と人にやさしい未来技術』を目指して、高効率・省エネ対応の『ものづくり』を追及します。

《方針》

1.環境関連の法律、条例及び組織が同意するその他の要求事項を
    遵守します。

2.社員の一人一人が積極的に環境活動に参加・支援し、環境保護
    並びに環境汚染防止に対する継続的改善を実施します。

3.廃棄物の削減、再利用に努め、企業として社会に対する環境負荷
    を軽減致します。

4.環境方針達成の為、部門毎に目的・目標を設定し、定期見直しに
    より、必要に応じて改訂を実施します。

5.環境方針は全ての従業員へ周知させると共に社外へも開示します。


谷電機工業株式会社

2017年4月1日



認証範囲 プリント基板の実装品の製造

           プリント基板へのプレソルダー加工品の製造


事業のご紹介

福島工場の事業についてご紹介いたします。

@SMT関連事業

営 業 品 目

通信機器(携帯電話)

車載電装機器(エンジン制御・ステアリング制御他)

デジタル家電(DVDレコーダー、薄型テレビ、携帯音楽プレーヤー他)

各種機能基板(制御機器、医療機器関連他)

SMTライン構成例

高密度、狭ピッチの製品を短納期でご提供するために、最新鋭の設備を効果的に配備した実装ラインを導入しています。
下記のライン構成を基本として、お客様のニーズに合わせて多数のバリエーションに対応できる体制を採っています。 また、1ラインに3台のインライン検査装置を投入するとともにその結果をタイムリーにフィードバックすることによって、高品質な製品を安定的に生産できる体制を構築しています。

SMTライン構成例

次のページへ

トップ  / 事業体制  / 福島工場のご案内  1 / 2 / 3 / 4